オンライン上でもホームページは作れる!

ブラウザとブログの組み合わせでホームページを作る

古いホームページ制作マニュアルを読むと、ホームページを作るにあたり、まずパソコンにエディタや制作ソフトをインストールするという段取りが書かれていることがあります。この段取りは今でももちろん通用しますが、最近はパソコンに特別なソフトをインストールすることなく、ブラウザを利用してオンラインでページを作るケースも珍しくありません。
オンラインでホームページを作る場合、サーバー上に特定のプログラムがインストールされている必要があります。代表的なのはブログのプログラムです。レンタルブログを利用する場合はアカウントを取得すれば即利用できますが、自分でサーバーを借りて作るのであれば、まず、サーバーにブログを構築するためのファイルをアップロードしなければなりません。

レンタルサーバーを利用するならブログのインストールが必要

ブログを公開するためにはセットアップも必要です。たとえば、ブログのタイトルなどを決めなければなりません。デザインはデフォルトのものが用意されていますが、もし、独自のデザインにしたいのであれば別のテンプレートを探してインストールするか、あるいは自分で作ったテンプレートをインストールする必要があります。
セットアップが一通り終わったら、編集画面をブラウザで開いて文章を入力していきましょう。基本的に本文だけではなく、記事のタイトルやタグが必要になるので、それらも書きましょう。
書き終わったら、公開するためのボタンをクリックすればネット上で文章が見られるようになります。公開しないと下書き状態で、自分以外には見られないので注意しましょう。